So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

100km [サイクリング]

10月28日(土)

走行距離:100km Ave:28.5km/h 累積標高:900m

今週も台風接近で雨予報。
今年ラストの神奈川300はDNS。
北の方は降り出しが遅そうなので、芳賀の道の駅スタートで、茂木から烏山あたりをひとまわり。
馬頭のローソンで休憩して12時に終了。


screenshotshare_20171030_003419.jpg

2017年ブルベ計画 [ブルベ]

●2017年
0108東京200網代   【完走】
0128東京300伊豆高原 【完走】
0218埼玉300那珂川  【完走】
0225神奈川300伊豆  【完走】
0305埼玉200安中   【完走】
0318埼玉200筑波   【完走】
0401東京400清水   【DNF・PC2】
0422東京400富士山  【完走】
0513埼玉400長野   【DNS】
0603埼玉600日本海  【DNS】
0610あおば600冷川  【DNF・PC2】
0810SR600KN     【完走】
0902群馬300毛無峠  【完走】
0916千葉600チーバくん【DNF・PC7】
1014埼玉600磐梯山  【完走】



●2016年
0110東京200網代   【完走】
0130東京300伊豆高原 【DNS】
0206宇都宮200栃木路 【完走】
0220東京200花園   【DNS】
0221埼玉200小田原  【完走】
0228埼玉200安中   【完走】
0305神奈川300鎌倉  【完走】
0306青葉200鶴鶴鶴  【DNS】
0321埼玉300愛鷹   【完走】
0326埼玉300日光   【完走】
0402東京400サッタ  【完走】
0423群馬200小諸   【完走】
0429宇都宮400きたかん【完走】
0507千葉200鹿野山  【DNS】
0516群馬600天城   【完走】
0604東京600安曇野  【完走】
0702群馬200金精峠  【入金忘れ】
0715北海道1200    【完走】
0910群馬300青木湖  【完走】
0918あおば300    【DNS】
1001神奈川200    【DNS】
1002群馬200     【完走】
1015宇都宮300    【完走】
1029神奈川300    【完走】
1030埼玉200     【完走】
0903SR600 NihonAlps 【完走】

2016年結果
27エントリー 20完走 6DNS 1入金忘れ
(200km×6 300km×6 400km×2 600km×2 1200×1 SR600×1)

トラックバック(0) 

BRM1014埼玉600磐梯山 [ブルベ]

10月14(土)~15(日)

BRM1014埼玉600磐梯山
【完走】34時間25分(走行時間:24時間30分)

走行距離:609km(寄り道込み)
Ave:24.9km/h
累積標高:4,000m
AvePW:121w

【装備】
ホイール:Scirocco 35mm
タイヤ:Michelin Power Endurance 25C 7.0kg/cm

ラストチャンスでやっと600完走して、今年もなんとかSR獲得。
小雨の中を6時に入間・豊水橋をスタート。
喜多方(285km)を19:30に折り返して、24:30に新白河駅前(400km)のホテルに到着。
2日目は7:30にスタートして残り200km。
宇都宮の森林公園(500km)から雨に降られたけど、トラブルなく16:30前にゴール。
前日の天気予報ほど降られずに済んだのはラッキーだった。(降られたのは、スタートから5kmと残り100km。霧雨は何ヶ所かあったけど。)

今年のブルベは月末の神奈川300で終了。


70km [サイクリング]

10月9日(日)

走行距離:74km Ave:24.8km/h 累積標高:1,100m

西平からかやの湯、曽根坂、定峰峠の周回をひとまわり。

1508491467919.jpg

215km [サイクリング]

10月8日(日)

走行距離:215km(40+175) Ave:22km/h位 累積標高:4,000m AvePW:130W

野反湖へサイクリング。
できれば空気の澄んでいる午前中の早めに着きたい。
吾妻線の始発に乗るためには、籠原5:30の始発に乗らないと間に合わない。
籠原まで40kmなので、3時に出れば余裕をもって5時着のはず。

荒川を渡って、籠原まであと5kmの所で4:15だった。
早すぎ。
ひと駅先の深谷に変更。

7:30に長野原に到着。
8:00スタート。
野反湖まで30kmで1,000mの上りなので、2時間位のもくろみ。
白砂ダムを過ぎると、キツい上り多数。
舗装がキレイなのが救い。
展望台に9:50到着。
ダムまで往復して下る。

IMG_1447.jpg


IMG_1471.jpg


IMG_1483.jpg


IMG_1487.jpg


IMG_1490.jpg



花敷温泉からK55経由で草津へ向かう。
K55はあまり道が良くなく、予想以上に時間がかかった。
国道まで下って、上り返したほうが早かったかも。

志賀草津道路を上り始めたが、紅葉シーズンで車が多い。
ただ紅葉はイマイチ。(途中から樹木が少ないから当たり前か。)
白根山の3kmほど手前から、駐車場渋滞が
始まったので、迷わず引き返した。
嬬恋の広域農道から大笹、北軽井沢を抜けて二度上峠へ。

IMG_1507.jpg


IMG_1508.jpg


IMG_1521.jpg


IMG_1522.jpg


高崎からの帰りの電車の時間を確認すると、八高線は18時と19時。
今16:00なので、ガンバれば18時に乗れるのか?(40kmちょっと。)
下里見の交差点に17時前に着けば、残り10km位だから、17:30には高崎駅に着きそうな気がする。
17時過ぎたら、卵太郎でシュークリーム休憩にする。

16:35に権田、16:50に室田、下里見は16:58だった。
シュークリームはなし。
岩鼻から碓氷川沿いを走って、高崎駅に17:25に到着。
汗だく。
野反湖の上りより汗をかいた。
無事に18時過ぎの八高線に乗車。
小川町で東上線に乗り継いで20時に帰宅。

165km [サイクリング]

9月30日(土)

走行距離:165km Ave:24.4km/h 累積標高:2,100m Ave:138w(Max:410w)

日帰りで福島の葛尾へ。
来月のレースコースの下見を兼ねて、日帰りサイクリング。
天気予報では1日秋晴れ!みたいなこと言ってたけど、陽は射してるけど、雲の多い天気だった。
白河は18時頃雨が降ったし。

新幹線で8時前に郡山着。
大友パンでクリームボックスを2つ食べてから、8:30過ぎにスタート。


20170930062931.JPG



20170930075618.JPG



2017-09-30 08.34.59.jpg



2017-09-30 08.38.47.jpg


三春からK50経由で、葛尾まで40kmちょっと。
船引のセブンイレブンで休憩を入れて、11時前に葛尾到着。
郡山の街を出たら上りと下りだけ。

2017-09-30 09.31.53.jpg


2017-09-30 10.40.26.jpg



せせらぎ荘から30kmのコースを1周だけ走って、12時過ぎに終了。
イノシシと2回遭遇。

帰りはR288で船引に出て、谷田川から阿武隈川沿いに白河までの予定。(90km位)
西風のおかげで、向かい風区間が多くて参った。
船引と谷田川でコンビニ休憩して、16:30に白河に入った。

20170930145207.JPG


とら食堂の前を通ったので、様子を見に行ってみたけど、7,8人並んでたのでパス。
新白河駅に向かう途中のあづま食堂でワンタンメン、餃子、半ライス。
ラーメンが大きかったので、半ライスは余計だった。

20170930162959.JPG


新白河駅に17:10に到着。
雲行きが怪しい。
西の方は真っ暗。
降られる前に駅に着いて良かった。
電車が18時過ぎなので、のんびりと撤収作業。
普通電車を乗り継いで、22時前に帰宅。

3日ほど前の思いつきで行ったこともあって、フレームのプロテクターを家に忘れてきたり、メーターのGPSがOFFになってたり、県道と県道をショートカットしたら、15%の坂が300mあったりと準備不足多数。

BRM913千葉600チーバくん [ブルベ]

9月16日(土)

BRM931千葉600チーバくん

【DNF】 PC7手賀沼にて

走行距離:445km
Ave:24.1km/h
累積標高:2,000m
Ave PW:110w(Max:570w・NP:160w)

【装備】
ホイール:Scirocco 35mm(通勤用)
タイヤ:Michelin Power Endurance 25C 6.8kg/cm

PC7の手賀沼(=スタート地点)にて、悪天候を理由にDNF。
残る600のエントリーは10月の埼玉1つだけ。
今年のSR達成に向けてあとがなくなった。

台風接近で、土曜日の昼過ぎから雨予報。
九十九里のどっかから降られる。
ただ幸いにも、風は東から北東の風なので、銚子まで行ってしまえば、九十九里は追い風。
悪くても横風。
440kmのPC7は、スタート地点の手賀沼なので、車で休憩&仮眠予定。
日曜日の天気しだいでは、そのままDNFの予定。
手賀沼から先は浦安、葛飾の街中、最後は利根川の土手道、雨風の中走るには色々とリスクがあるので、無理はしない。
今年はまだ600を完走してないので、そんな余裕ないのだけど。

【スタートまで】
3:30出発。
柏まで高速で4:40到着。
コンビニに寄っても、1時間10分だった。

【PC1まで 35km】
6:00ちょうどにスタート。
PC1稲敷(No46)まで35km。
7:35に到着。
あぜ道が多くて、舗装が良くない。
複雑なコースのおかげで、既に曲がり角の行き過ぎを3回ほど。
ほとんど田んぼ道、畑道なのでキューシートの行数のわりに走りやすい。

【PC2まで 70km】
トイレと買い物だけして出発。
稲敷からは利根川沿いを銚子まで。
時間が遅くなるほど、東風が強くなってくるはずなので、銚子に早く着くに越したことはなさそう。
ちょっと風を感じる位の向かい風ですんだ。
PC2犬吠埼(No74)に10:20到着。
区間70kmと意外と距離があった。
天気予報では勝浦は14:00前後から傘マーク。

【PC3まで 95km】
出発間際にスタッフの方からラスクもらって、ポケットに入れたのに、九十九里のどっかで落としてしまった。
割れるのを気にして、奥まで入れなかったのがいけなかった。
白里ではトライアスロンの大会中。
大原、御宿のR128は渋滞気味。
雲が増えてきた。
PC3勝浦(No99)に14:05に到着。
PCの直前から、雨がポツリポツリと落ちてきた。

【PC4まで 85km】
雨雲の本体は東京湾まで来ている。(本降りも時間の問題。)
シューズカバーだけしてPCを出たけど、ほどなく路面がウェットになる位の降りになり、ベストを着た。
以降も徐々に雨足が強くなり、和田浦、野島崎とコツコツと雨具を追加。
追い風のおかげで、正面から雨が当たらないのはありがたい。
州ノ崎でライトをつけて、18時過ぎにPC4館山(No121)に到着。

【PC5まで 60km】
PC3から90kmほどあったので、長めに休みたかったのたけど、
風向きが悪く、雨が吹き込んでくるので、軒下で菓子パンを立ち食いしてサッサと出発。
富浦から横根、もみじロードと暗い道が続く。
PC5富津(No145)に21:10に到着。

【PC6まで 70km】
休むと身体が冷えそうなので、サンドイッチを食べてすぐ出発。
平地に出たせいか、向かい風(北東)を感じるようになった。
袖ヶ浦から住宅街やあぜ道の細い道が続く。
ミスコースを2,3回と、eTrexの電池切れで、交換の場所探し(雨で電池を替えられない。)をしたりして、PC6佐倉臼井台(No202)に1:20に到着。
70kmを4時間ほどかかった。
信号待ちで足付きが多かったおかげで、シューズの中が浸水してきた。
PC直前まで真っ暗な草っ原で、GPSデータの作成ミスかと不安になった。
温かくて味の濃いものが食べたくて、カップラーメンを店先のベンチで食べた。(イートンは深夜で使えず。)
次の手賀沼のPCでDNFするつもりなので、30分ほど長めの休憩。
(久しぶりに座って食べたような気がする。)

【PC7まで 30km】
後着の方と同じタイミングでPCを出たので、手賀沼までご一緒させてもらった。
PC6→PC7はどこを走ってるのかさっぱり。
印旛沼から手賀沼に向かってるはず。
暗い上に道が狭いので、曲がり角が分からず、3,4回コースを外した。
水溜まり、石、砂、枝など、道路状態は良くなかった。
PC7手賀沼(No236)に3:00に到着。
DNFだけど、シュークリームとコーヒーを買ってレシートを入手。

【DNF後】
グズグズの湿地となった駐車場から車を移動して、道の駅の軒下で片付けをして、草加あたりで仮眠しながら、家近くで朝風呂に入って帰宅。
電装品の乾燥と洗濯をしてから昼寝。
夕方から仕方なく、自転車掃除とホイールのメンテをして1日が終了。


富士チャレンジ200 [イベント]

9月9日(土)

富士チャレンジ200

ソロ200 【完走】
5時間8分
Ave:39km/h

今年は良い天気。
5時間切りならず。
2時間手前まで第一集団、その後ゴールまで5時間30分グループ。
ボトルは3本でギリギリ間に合った。(500×2・750×1)

BRM902群馬300毛無峠 [ブルベ]

9月2日(土)

BRM902群馬300毛無峠
【完走】14時間26分(たぶん)

走行距離:300km
Ave:22.5km/h
累積標高:5,400m

【装備】
・ホイール:Neutron
・タイヤ: Hutchinson Fusion 5 Kevlar Pro Tech 25C(7.0kg/cm2)
・スプロケ:14-28

あろうことか、ベルを忘れて、本来DNSのところを、スタッフさんのご厚意でベルを売ってもらって、スタート締め切り間際になんとかスタートできた。(昨晩ライトを付ける時に、一旦外してそのままだった。)

2年前と比べて、二度上峠の省略(累積標高-1000位?)と、涼しくて走りやすく、2時間位早くゴール。
おかげでお風呂に間に合った。

SR600KN [ブルベ]

SR600KN(北関東)

8/10(木)~12(土)
【完走】45時間05分
走行距離:615km(ホテル往復含む)
Ave:18.8k/h
累積標高:13,000m

WW00166_R.JPG


WW00167_R.JPG


【装備】
・ホイール:Neutron
・タイヤ:Michelin POWER ENDURACE 25C(7.0kg/cm2)
・スプロケ:14-28

AJ宇都宮のSR600KN(北関東)を走ってきた。
10日3:00にスタートして、新井のビジネスホテルでひと眠り(23:00~4:00)して、日付の替わった12日0:05にゴール。
1回目で完走出来た。(富士も日本アルプスも1回目はDNF。)
四国は来年かな?

天気はスタートから小来川、渋峠の下り、榛名湖、北橘~ゴールまで降られた。
ほとんど霧雨みたいなシトシト降りだったけど、粕尾峠以降はザーザー降り。
全体的に曇りがちだったおかげで、暑さに苦しむことはなかった。
暑かったのは、水上~三国トンネル間くらいか。
湿度が高くて、ジャージが常に濡れた状態だったのが気持ち悪かった。
おかげであせもができたし。


前日の20時頃に宇都宮に着いて、南大門の休憩室で2時前まで滞在。
4時間半ほど寝られた。

森林公園のダム下の駐車場には2:30到着。
ほかに車なし。
とにかく蒸し暑い。
スタート地点に移動するあたりから、小雨が降り出す。
雨雲レーダーには雨雲はなし。
金精峠までシトシト降られそうな嫌なパターン。

スタート連絡のメールをして、3:10過ぎにスタート。
文挟で降りが強くなってきたので、接骨院の駐輪場を拝借して、雨宿りと泥除けのステーの付け直し。(タイヤに付いた小石が擦れる。)
40分ほど様子を見たけど、あまり降り方が変わらないのでので、諦めてベストとシューズカバーを追加して出発。

PC1_start_R.jpg


小来川を過ぎてやっと小降りになって、路面も乾いた部分が出始めてきた。
沢沿いは空気が冷たくて気持ち良い。
PC2滝ヶ原峠に5:45に到着。
正味2時間なので予定通りのペース。
峠の向こうは青空が見え始めてきた。

PC2_takigahara_R.jpg


いろは坂の登り口のパーキングで、雨装備を解除して、砂だらけになったブレーキとディレーラーを簡単に水洗い。
戦場ヶ原まで来ると、さっきまでの雨はなんだったんだという良い天気。
湯の湖からもうひと登りして、PC3金精峠に8:30に到着。

P8100355_R.jpg


P8100357_R.jpg


PC3_konseitouge_R.jpg


下りは冷えそうなので、念のためベストを着た。
1時間ほど気持ち良くダウンヒルして、鎌田のPC4に9:30。
下ると暑くなってきた。
デイリーストアはレシートチェック。

坤六峠まで20kmの登り。
片品側はキツくないので気が楽だ。
11:05にPC5坤六峠に到着。
日陰で少し休もうかと思ったら、ブヨの集団攻撃にあい、写真だけなんとか撮って退散。

PC5_konrokutouge_R.jpg


水上まではほぼ下りだけど、30kmあるので、ソコソコ時間はかかる。
PC6水上(民族資料館)に12:30到着。

PC6_minakami_R.jpg


お昼は猿ヶ京のローソンの予定なので、さっさと出発。
仏岩TNまでの上りが日陰が少なくて、途中の沢の水をかぶって気分転換。
トンネルを越えると、ちょっと雲行きが怪しくなってきた。

猿ヶ京のローソンのイートインで長め休憩。13:30。
三国峠の中ほどの左側の草むらでクマ発見。
幸いフェンスがあるので、安心して様子をうかがう。
小熊だった。
すぐ谷に逃げちゃったけど。

P8100368_R.jpg


PC7の三国トンネルを14:50に通過。
二居トンネルが片側規制で、10分ほどの休憩があって、PC8越後湯沢の駅に15:55に到着。
セブンイレブンでレシートチェック。
店先にベンチあり。
標高はソコソコあるはずなのに、すごく蒸し暑くて参った。

津南のセブンイレブンでアイスを食べてから、R405に突入。(17:30)
最初の登りの中ほどから、ブヨ集団につきまとわられる。
ウェアの上からでも咬んでくるので質が悪い。
なぜか10km/hを下回ると群がってくる。
日没までに4つの登りを消化。
津南から最初の上りを除けば、あとは2~3kmの上りの繰り返し。
PC9やすづかの道の駅に19:55に到着。
道の駅なのに、予想外の真っ暗け。
最後に2つ登りをやっつけて、平野に出た。
ローソンのイーインで簡単に夕飯を食べてから、PC10直江津港に21:40に到着。

P8100372_R.jpg


PC9_yasuduka_R.jpg


PC10_naoetsu_R.jpg


ホテルまであと20km位。
No48総合事務所前の手前でコースを外れて、R292沿いのベストイン新井へ。(以前泊まった時、玄関に自転車を置かせてもらえたので。)
コンビニに寄って、部屋に入ったら23:00だった。
まずはシャワーでサッパリ。
ノロノロしてたら、寝たのが24:30頃になってしまった。

3時起床。
風呂で身体を温めて、4時にチェックアウト。
オイルを塗ったり、なんだりで4:20に2日目スタート。
曇り空だけど、寝てる間にひと雨あったみたいで、路面は若干ウエット。
朝からムシムシ。
長野は昼過ぎから傘マークだ。
降り出す前に、渋峠を下りたいところ。

2時間かかってPC11関田峠に6:20到着。
途中工事で迂回あり。
斜度の強弱があるおかげで脚休めはできる。
万坂峠にしろ、このあたりはイヤらしい登りだらけ。
今日も途中でブヨ集団に襲われた。
何匹か咬まれたけど、すぐに叩き落とした。
やっぱり10km/h以下になるとヤラレる気がする。

P8110379_R.jpg


PC11_sekitatouge_R.jpg


千曲川まで下って、飯山のR117沿いのローソンで、朝ご飯休憩。7:10。
木島平からカヤノ平の林道分岐までが予想外にキツかった。
PC12湯田中駅に9:00に到着。

PC12_yudanaka_R.jpg


駅前のローソンで小休憩して渋峠へ。
サンバレーのホテルの自販機でコカ・コーラ休憩して、12時少し前にPC13渋峠に到着。
なんだかんだで2時間半かかった。

PC13_shibutouge_R.jpg


着くと同時に雨が降り出したので、慌てて下る。
山田峠で一旦雨は上がったけど、結局、草津側はガスってて、温泉街まで霧雨。
視界も良くなく、ノロノロと下った。
PC14大津のセブンイレブンに13:10に到着。

国道を20kmほど走って、中之条の郷原から榛名への登り。
6,7,8%がひたすら続き、脚休めが出来ない。
半分位から雲の中で霧雨。
PC15ヤセオネ峠に15:45に到達。

PC15_yaseone_R.jpg


伊香保の温泉街を過ぎた辺りで霧雨は止んだ。
大正橋のセブンイレブンでひと休みして、赤城の中腹のR353間で上がると、また霧雨模様。
渡良瀬の谷に入れば天気に変化があるかと思ったけど、状況は変わらず。
霧雨のままPC16黒保根のデイリーストアに18:55到着。

あと80kmくらい。
5時間あればなんとかなるはず。
足尾は降ってなかったでけど、粕尾峠を登り始めたら、直ぐに降り出した。
九十九折り区間の路面状況が劣悪。
ひび割れ、陥没、石、枝、冠水。
路面とにらめっこしながら、5km/h位で慎重に走った。
峠の手前からザーザー降り。
諦めて、上だけカッパを着た。
雨が強くて、サドルバッグの奥に押し込んだパンツを引っ張り出すのは諦めた。
PC17横根高原に22:05。

PC17_yokonekougen_R.jpg


古峰原の下りに入ると、更に雨が強くなって、おまけにガスってきた。
視界は10m位。
急な九十九折りの下りなので、ひと桁のスピードで恐る恐る下る。
鳥居あたりでやっと視界が良くなってきた。
下りで冷えてしまったので、出力を上げて大芦川沿いを下った。
仁神堂まできてやっと小降りなってきたけど、それでもザーザー降りのレベル。
この雨の中、どうやって自転車片付けて、着替えようかと考えてるうちに森林公園に到着。
24:05だった。

PC18_goal_R.jpg


24時スタートの方をお見送り。
片付け前に写真を撮って、ゴール連絡のメールがひと仕事なのに気付いた。
電話ボックスがあって助かった。

自転車はそのまま押し込んで、なんとか運転席で着替え完了。
南大門に寄って、風呂&1時間ちょっと仮眠。
寝足りなくて、佐野SAで1時間半ほど追加で寝て、6:30頃に帰宅。

もし、もう一度走るなら
5月、6月で2時スタート。
4時に滝が原。(下る頃は明るい。)
8時に片品、水上に11時。
猿ヶ京でちょうどお昼かな?
湯沢に15時。
安塚は19時頃。(陽が長ければ明るい時間)
直江津は20時半だ。
2日目は3時スタート。
関田峠まで3時間として6時。
上り始める頃には明るい。
湯田中に8時、渋峠は11時、大津でお昼ご飯。
榛名湖を15時で、黒保根は18時前かな?
足尾20時として、横根高原は21時、ゴールは23時前。天気しだいだけど、だいたい44時間。



共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。